グローバル・サーベイのサービス

路面性状調査業務

    道路調査会社による’定常的’ で ’全国網羅性’ のある ’路面健康診断’

道路情報取得の一環として道路路面情報の取得を行っております。
路面舗装は、維持管理することを前提に施工させており、状態を把握しながら補修をする必要があります。
日本では高度成長期に大量の道路構造物が建築され老朽化が進行しており、それを維持する費用も減少しているのが現状です。全国の道路を調査走行する弊社では、道路調査車両に加速度計を設置して車両に発生する路面凹凸データを取得しております。
これらを活用して道路インフラの維持管理に貢献する事を掲げ、活動を行っております。


路面性状調査システム「Pavement Patrol-Partner」

路面性状調査システム「Pavement Patrol-Partner(略称:PPP)」を提供しております。
カタログはこちら。

アクションカメラとセンサによる調査で取得した加速度データと道路景観データをGIS処理し、地図上に路面性状値と撮影時の道路景観を表示します。



車内にスマートフォンとビデオカメラを設置することにより、運転手に伝わる車両の揺れ(乗り心地)をスマートフォンで記録し、車載カメラの画像と共にご提供します。
普及型の機材による簡素化されたシステムにて、通常走行するだけで路面状況の取得が可能です。
本調査方法で取得したデータをPPPにて処理し、得られた路面状況を1次診断として、不良検出箇所を高精度な機材で計測するような「路面状況健康診断」的な用途を推奨します。

    >


▲このページのトップへ▲